静岡農業技術支援協同組合とは…
 静岡農業技術支援協同組合は幅広く農業事業を支援する組合です。
栽培技術、販路開拓技術、加工技術、商品化技術、六次産業化技術、HP制作、
事業資金手当技術、経営技術などです。
これを各分野のプロが支援します。

 農業事業では過去にこのような支援組合は例がないと言ってもいいぐらいに数少ないものです。
組合を組織する動機になったのは、小規模事業者・農業者の存在です。
また新規就農希望者、小規模事業者の新規事業として農業を考える場合も同じです。
起業をする場合は、すべて小規模から開始されるのは当然です。
農業の場合は、小規模は利益が出ないという固定概念があり、起業を支援する団体は
ほとんどないのが実情です。
小規模でも利益が出せるようにするにはどうすれば良いのか。
その道案内をするものが静岡農業技術支援協同組合の役割です。
 組合を組織する場合は行政の認可が必要になります。
認可を得るためには設立趣意書が必要になります。
目的を明確にするためです。設立趣意書は下記のようになります。

静岡農業技術支援協同組合 設立趣意書
 現在、多くの農家は小規模農家が多く、耕作面積の収穫量は少なく農業収入も
同様に少なく、事業経営を進めるうえで厳しい状況に置かれています。
 国が推し進める大規模の農業計画において、小規模農家への画期的な支援策は見当たらず
自己努力により事業展開を図らなければならない状況に置かれています。
しかし、耕作地の改良や販売効果の高い農作物情報、また効率的な栽培方法など
課題は多いが、解決すべき方法が見つけられず、今後に希望を感じられない状態にあります。

 今、日本の農業改革に求められているのは、小規模農家の自立、また新たな
農業参入者に対しての円滑な農業の事業推進です。
しかしながら、現状において様々な農業の課題について
総合的に指導を行える機関がなく、それぞれの課題について専門家を探し
解決を図っている状態で、課題解決に時間がかかり本来の農業活動に
支障をきたすこととなっています。

 こうしたことにより、小規模農業者、新規参入者に対して、農業の事業経営について
安定化を図るために、課題となる土壌づくりや病虫害対策などの農業指導、
販売に際してのホームページの作成、活用や販売所の開設などの販売戦略、
各種農作物の商品づくりための加工製造など総合的な指導を行える機関が必要とされます。

 そこで、こうしたニーズに応えるために、我々はそれぞれの専門分野を活かし
小規模農業者、新規農業参入者がスムーズに事業実施を行える指導を目指し、
安定的な事業運営を行えるよう組合の設立を発起したものであります。

私たちが目指すもの
 農業はもっとも歴史のある産業です。産業としては古くからありましたが、
事業としては成立していませんでした。生きていくための食料だったのです。
農業が事業として考えられるようになった歴史は浅く、100年もありません。
産業が発達し、経済が飛躍的に向上した現在、農業は事業として成立する環境が整いました。
社会の環境は整備されて受皿ができたのですが、肝心の農業は昔のままなのです。
農業を事業として成立させていくということは大きな可能性と魅力に満ちています。
食生活はさらに豊かになるでしょう。健康問題にも貢献できるでしょう。
そして農業者も経済的な豊さを得ることができるようになります。
これを実現するためには今までの農業ではできないのです。
生産者は生産するだけで,誰が食べて、どんな感想を持っているかもわからないのでは
生産意欲も湧いてきません。
さらに生産者が大切に精魂込めて作った作物に自分が価格がつけられないのでは、
利益の生みようもありません。
事業として成立をさせるには高い付加価値をどのようにして生み出すのか
ということが大切になります。
高い付加価値を得て、利益を生み出し、得た利益を再投資することが事業の本質だからです。
このことを可能にするために静岡農業技術支援協同組合は組織されたのです。

 農業が事業として成立するようになれば、事業としての魅力や可能性が
出てくるだけではありません。
私たちの生活そのものを根底から変えていく力を持っています。
人間は食べることによって肉体を維持しています。
その食べ物が単なる食べ物ではなく、健康に大きく影響する機能性を持つことが
できるとしたらどうでしょうか。
 医療の分野ではIPS細胞が発見されて、臓器を自分の細胞で再生できるところまできています。
農業によって作られる農産物はどうでしょうか。
まだ江戸時代です。開国すらしていません。
もの凄い可能性が眠っているのです。
最後のフロンティアといってもいいかもしれません。
可能性が大きく広がっているのです。
農業は社会的なステータスが低く位置づけられています。
これは権力構造の仕組みの中で作られてきたものです。食は生きるための出発点です。
食なくして何も存在しません。ステータスを得るには仕組みを変えればいいだけです。
現在はITの普及で情報の発信が短時間で可能になりました。
高い志を持った農業事業者が出現すれば、社会の見る目は大転換すると思います。
その人材を育てるために静岡農業技術支援協同組合は設立されました。